読み人倶楽部の読書会

5/15(土)第67回 読書会『金閣寺』

☆本をネタに交流を深める読書会☆

♪初参加&お久しぶり大歓迎♪

 今度の読み人倶楽部は、高尚な本にチャレンジしてみよう!ということで三島文学『金閣寺』を取り上げることとしました。没後50年となる三島由紀夫の美しい日本語を味わいながら、楽しく様々な話ができたらと思います。
 課題本『金閣寺』を読んでご参加ください。

【日時】
令和3年5月15日(土) 9:30~12:00

【開催方法】
オンラインリモート
※今回はZoom(PC/スマホ)を使用したオンラインリモートでの開催になります。

【課題本詳細】
『金閣寺』(新潮文庫 新装版)
著者 三島由紀夫
定価:737円(税込)
発売日:1960年09月19日
新装版:2020年10月28日
ページ数:400
「美は……美的なものはもう僕にとっては怨敵なんだ」。吃音と醜い外貌に悩む学僧・溝口にとって、金閣は世界を超脱した美そのものだった。ならばなぜ、彼は憧れを焼いたのか? 現実の金閣放火事件に材を取り、31歳の三島が自らの内面全てを託した不朽の名作。血と炎のイメージで描く〈現象の否定とイデアの肯定〉──三島文学を貫く最大の原理がここにある。【新装版】
(新潮社ウェブサイト)
https://www.shinchosha.co.jp/book/105045/

【読書会の内容】
事前に課題本を読んできての座談会。
①読書会当日までに課題本を読む
②課題本を用意して読書会に参加
③課題本の感想や、考えたことなどを皆で話し合う

【読書会ルール】
①紹介する本を全部読めてなくてもOK(ネタバレはご了承ください)
②自由に発言してOK(批判的な意見は根拠を示して)
③話を聞いているだけでもOK

【参加費】 
無料

【その他】
※詳しい参加方法は、申請後にメール等でご案内します。

【申し込み方法】
下記の告知ページから申し込みをお願いします。
https://kokucheese.com/event/index/610954/