作者別: ひーちん

第15-16回読書会『もの思う葦』『20世紀思想を読み解く: 人間はなぜ非人間的になれるのか』

もの思う葦 平成28年8月20日(土)太宰治著『もの思う葦』を課題本として読書会を開催しました。 (仕事の都合上自分は参加できず残念でした。) 小説ではなくエッセイ集に触れることで作家の実情に迫り、それぞれ感じるところが

カテゴリー: これまでの読書会

第14回 サクセス読書会 『街場のメディア論』

2016年7月16日、豊橋祇園祭花火大会の最中、第14回目となる読書会を開催! 内容は、課題本『街場のメディア論(内田樹著)』を、読んできてのトーキング。 5人での開催となりました。 大学での授業が元になっているこの本は

カテゴリー: これまでの読書会

依存症について考える 問題は中毒性 その好きなものは有害か?

依存症とは、何かを摂取したり何か体験をしたときに、脳内物質が影響して同じことを何度も繰り返したくなる症状。 なので、その何かによっては中毒症状を引き起こすような問題がある場合と特に問題がない場合とがある。 中毒症状とは身

カテゴリー: ブログ

もし今普通に有るものが急に無くなったら・・・ すべては有り難い

もし今普通に有るものが急に無くなったらどうしよう・・・ そういうふうに思考したのはトイレに入っているときだった。 もしこの世からトイレットペーパーが無くなってしまったら、いったい何を代用すればいいのか? トイレットペーパ

カテゴリー: ブログ

第13回 サクセス読書会 『アメイジング・グレイス 魂の夜明け』

2016年6月18日、豊橋にて第13回目となるサクセス読書会を開催。 内容は、課題本『アメイジング・グレイス 魂の夜明け(神渡良平 著)』を、読んできてのトーキング。 (課題本の選定は担当者を毎回変えて、持ち回りでやって

カテゴリー: これまでの読書会

自分自身を知るということからすべてが始まる 己を知れ

自分がどういった人間なのか、どういった才能があるのか、よくわかっていないとどうなるか。 給料や企業イメージなどから就職を決め、漠然とした考えで会社員となり、仕事が嫌になって辞めたくなるというようなことが起こります。 自分

カテゴリー: ブログ

第12回 サクセス読書会 『〈子ども〉のための哲学』

2016年5月14日、豊橋にて第12回目となるサクセス読書会を開催。 内容は、課題本『〈子ども〉のための哲学』永井均(著)を、読んできてのディスカッション。 (課題本の選定は担当者を毎回変えて、持ち回りでやっています。)

カテゴリー: これまでの読書会

運命は決まっている?運命を切り開く力とは

運命は決まっている。 遺伝子の命令の通りに生きている。 どう行動してもこの人生を変えることはできない。 はたして運命とは決まっているものなのか? 運命と自由 確かに運命的に決められたものはたくさんあります。 この体で両親

カテゴリー: ブログ

ドラッカーに学ぶ 自分の強みを知る方法「成果を期待にフィードバックする」

ドラッカーの本って正直難しいですよねー。 はっきり言って自分には理解するのが困難であります。 が、一つだけ理解できたと思われるものが・・・ それは「成果を期待にフィードバックする」ということ。 自分の強みは何か? 「成果

カテゴリー: ブログ

第11回 サクセス読書会 『動的平衡2 生命は自由になれるのか』

2016年3月19日、豊橋にて第11回目となるサクセス読書会を開催。 内容は、課題本『動的平衡2 生命は自由になれるのか』福岡伸一 (著)を、読んできて参加する形の読書会でした。 今回は初参加の方が3人来てくださり8人で

カテゴリー: これまでの読書会