読み人倶楽部の読書会について

☆本をネタに交流を深める読み人倶楽部の読書会☆

本をよく読む人、たまに読むという人、これを機に読もうという人。とにかく1冊の本が読めれば参加OK。読み人倶楽部の読み人とは、単に本を読む人という意味で、読書量、読書時間は関係ありません。

読書会は主に、1冊の課題本を読んだうえで感想や意見を語り合う形式をとっています。

課題本の決定は、同じ人が毎回決めるのではないため、偏ることなく多様な本を読むことができます。

参加者のアイデア等で、他にもいろいろな企画が生まれる可能性もあります。

日程については、ほぼ毎月開催予定ですが、週や曜日は決まっていません。時間はおおむね午前9:30から、または午後18:30から2時間程度、公共施設等で行う予定です。

現在30代を中心に、性別や職業に偏りはなく、愛知県内の様々な方面から参加いただいています。

本が好きなら年齢等基本的に制限はありませんので、お気軽にご参加ください。

読書の効果の一つに「知」があると思います。

多様な「知」を得ることができます。

読書会はそれをアウトプット(発言)したり、他者の意見を聞くことによって数倍の効果にすることができます。

自分の意見を自由に発言する楽しさを味わえます。

そして、読み人倶楽部が一番大事にしていることは、人と人とのつながりです。

同じ空間でいろんな人が交流を深めることこそ、今の世の中に必要なことなのではないでしょうか。

もう一つの居場所がここにあります。是非、読書会に参加してみてください。